大事なことしか話さない

学んだことの備忘録 CFA/株/投資/証券アナリスト等

格差

人間は皆平等に教育を受ける機会を与えられるべきだし、その機会があれば国はより発展するだろう

しかしこの教育の機会は親子の関係性、または子を持つ親の勤労とのトレードオフではないだろうか

全員に厳密に平等に教育の機会を与えるラディカルな考えをとるなら、子供は生まれた瞬間税金で運営される国の施設に預けられ平等な教育を受ける機会を与えられるべきだ

しかし現実にそんなことはなく親が子供を育てるのが普通でありラディカルな考えは誰も望んでいない

だからこそ親は一生懸命働き子供に投資するのである

それでは親が自己中心的であった場合はどうなのだろうか

恐らく平均して子供の学力は落ちるであろう。大学への進学率も親によって大きく左右される

そこで国がやろうとしていることは教育の"無償化"である。(給料は教員に支払われているので現実には無償化ではなく公共事業化)

公共事業化にするともちろん高校への進学率はあがる

しかしこれもまたトレードオフの問題で、公共事業化は競争の低下を招き、さらなる教育の質の低下に繋がるだろう

また親は昔ほど子供のために一生懸命働かなくなる

一部の被害者のために全体の効率を下げる行為はどれほど正当化されるべきなのか

満員電車に車いすで乗り込むのはありか?

自己責任人工透析患者に1人年間300万円を負担するのはフェアなのか?

「みんなで貧しくなろう」は全体の効用をあげるのか?

ハーバード大学はエリート教育を受けた人とと大衆からの叩き上げが混在しており、授業料もバックグラウンドによって違うらしい。

日本も一部の英才教育を受けた人と学費免除されるような優秀な人たちだけに引っ張ってもらうのはありなのかもしれない

努力しない親をもつ努力しない子供に教育を税金で提供するのは道路工事より不要ではないだろうか

【雑記】思い出のマーニーと日本的美

映画:思い出のマーニーを見た

この映画のテーマとして「許す」という概念がある

主人公は親友のマーニーに裏切られてもマーニーが"大好き"だからそれを許すのである

結果として2人はプラトニックラブに近い親友以上の親友となりえたのだ

この映画ではその許しを「美」として描いている

「許し=美」という価値観は大変日本的なものであると考えられる

日本のような集団主義的国家では個人の利益最大化は美徳とされず我が身を削っても、そして人から裏切られてもそれを飲み込む事でみんなが幸せになるならそれでよしとする

ブラック企業問題や「自死による償い」の概念がその例である

裏切られても親友を信じたマーニーの行動は現代の資本主義、競争社会で失われかけている我々日本人の本来の価値観を思い出させてくれるものであった

但し、日本古来の価値観がいいか悪いかは別である

中国、韓国、ロシア、アメリカと裏切りが多発し自分の利益しか考えない国々に囲まれた日本は外交の際、日本古来の価値観を捨てゲーム理論、交渉中を学び植民地化されないようにしなければこの美しい価値観自体が無くなってしまうのではなのだろうか

日米韓首脳会談

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFK07H09_X00C17A7000000/

2017年7月4日に北朝鮮大陸間弾道ミサイルICBM)の発射実験を成功させた

6日にあった日米韓首脳会談はほぼ北朝鮮問題について費やされた

3国は北朝鮮への圧力を強化することに合意した

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM07H28_X00C17A7MM0000/

北朝鮮に資金を提供しているのはロシア中国だけではなかったらしい

見つかっただけでも2009年から計7億ドル以上の取引があったそうだ

JPモルガン、バンカメ、シティーなどの銀行は中国を拠点にする貿易会社や北朝鮮フロント企業と取引をしていた

日本のパチンコも今すぐ全て潰すべきである

フロント企業暴力団企業

IT化

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO18363790Q7A630C1TJ1000/

中国eラーニング大手のフージャンが中国人の日本留学仲介事業を開始した

フージャンはスマホで英語、日本語、韓国語を学べるサービスを提供

 

一方日本は未だに決済の多くが現金

eラーニングも全く浸透してない

巨大なビジネスチャンスが存在してるとポジティブに捉えることもできるが、国全体としては非効率なやり方をしているので相対的に衰退していくだろう

自由vs自由

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO18198520Y7A620C1FF2000/

自由を盾に他者を攻撃するのは片方の正義のみ信じるのと同じ。くだらない

ケーキ屋が同性カップルのケーキ作りを「信仰の自由」を振りかざし拒否した

カップルは差別されたと腹を立て訴訟

2015年にカップルは勝利したがケーキ屋が上訴

2017年6月に最高裁が合憲性を審理すると決めた