大事なことしか話さない

学んだことの備忘録 CFA/株/投資/証券アナリスト等

カジノに観光施設義務化、人口ボーナス、ネット広告

カジノに観光施設併設を義務化 政府、設置は20年以降 :日本経済新聞

  • カジノをギャンブル施設ではなくエンターテイメントとして作ろうとする狙い
  • オリンピックに間に合わない可能性もある
  • IR施設開設は2020以降
  • 流れ→年内:IR法案提出
  • 2018以降:IR設置区域を2-3箇所設定
  • 2020年以降:その2-3箇所で開設

 

2050年へ成長し続けるために 数を真の力に、担い手育む :日本経済新聞

  • アジアの人口は増え続けるが世界人口に占める割合減少していく
  • 2017年  54%→48%  2050年
  • 悪いことばかりではない:乳幼児を育てるコストが減るので経済は一時的に発展する(as in Japan 1990s; China&Korea right now)
  • 良いことばかりではない:フィリピンのドゥテルテ、タイの国王権限強化など政治不安

 

広告費、ネットが初の首位 17年世界市場予測 :日本経済新聞

  • ネット広告費>テレビ広告費
  • 時代の移り変わりを感じた
  • 問題点:悪質な広告を取り締まる手段が少ない、倫理観の欠如

米金融引き締め、日米株安

f:id:bnbnp:20170407190318p:image

つい2日前くらいまで+15,000近くあったのがあれよあれよという間に-10,000以上になってしまった

 

f:id:bnbnp:20170407190917j:image

日経平均も年初来安値

日経平均大引け、大幅反落 2カ月半ぶり年初来安値 :日本経済新聞

原因は

f:id:bnbnp:20170407190817j:image

 

FOMCの金融引き締めについて

米金融引き締め 新段階 FRB、資産縮小「年内に開始」 日欧との違い鮮明 :日本経済新聞

  • FRB保有資産の縮小、つまり債券などを銀行に販売しマネタリーベースの減少を試みる
  • 株価、ハイイールド債、商業不動産が今「割高」とFRBは見た
  • 米国株が過熱してるとFRBが警告
  • →みんなが債権を買う
  • →マネーが株式市場から債権市場に移動
  • 長期金利が低下
  • →日米の金利差が縮小され円高になる

f:id:bnbnp:20170407191716j:image

  • 一方日本、欧州はデフレが続き出口が見えない

日本カジノ戦略

2007年発行の古い本だが読んでみた

要約すると

  1. カジノはクリーン
  2. クリーンにするために沢山努力している
  3. ギャンブルではなくエンターテイメント

以下細かいポイント

  • 予約も取らず急に来るハイローラー(別名whale)のために特別なジェット機、最高級ホテルの一室を用意し、それらを無料で使わせる
  • 彼らの掛け金は一回数億円になることも
  • しかし一回のギャンブル予算が600ドル以上の人は全体の30%ほど
  • 利用客の心理:勝ったら満足、負けても雰囲気を味わえて満足
  • 客は期待とリスクを楽しみに行く
  • カジノ運営側は大数の法則を利用して安定して儲ける(短く大きく賭ける客に数十億円取られて倒産しそうになった所もある)
  • カジノの基本的要素5つ
  1. カジノゲーム
  2. 実際の勝ち負け
  3. 確率上の負け
  4. コンプ(無料レストラン券など)と条件
  5. ホテル、レストラン、ショーなどの施設とサービス
  • 4のコンプと条件が最も重要
  • コンプの存在は利用客を「負けてもコンプがあるからいいや」という気持ちにさせカジノをただのギャンブルからエンターテイメントへ昇華させる
  • 5のサービスは家族連れを引き込み子供はレジャー施設、お母さんはショッピング、お父さんはギャンブルというレジャーを作る
  • ハイローラーを積極的に取り込む高級カジノであればあるほどその雰囲気を味わおうとして客層が広がる
  • ハイローラーは金の卵を産む鶏であり客寄せパンダでもある
  • よって客単価の分散が大きい=>全てのニーズを満たしにくい
  • だからこそお得意様を区別し優遇する必要がある
  • お得意様の区別方法
  1. フロントマネーの量 ※フロントマネー=カジノ資金用の口座。テーブルでこの口座から引き出して勝負するシステム。キャッシュプレーは少ない
  2. 平均掛け金
  3. プレー時間
  • カジノホスト、、、もてなしをする人
  • カジノホストは〇〇地域専門の人がいる
  • その地域の言語、慣習、交渉方法、宗教、立ち振る舞いなどの文化を知る必要がある
  • カジノホストの仕事は滞在中のケア、プレー条件の事前交渉、新規大口顧客の獲得など多岐にわたる
  • 犯罪は昔に比べてぐんと減った
  • スリ、賭けでの不正、従業員への暴力、客同士の喧嘩は後を絶たない
  • 一度犯罪を犯せば一生グループ内出禁になる<ー(海外のカジノから出禁リストを買うことは出来ないだろうか?治安維持には不可欠な気がする)
  • コンプカウンター(わざと長くプレーしてコンプをもらう)の取り締まり、
  • カードカウンター(残りカードを数え有利なときだけ参加する)の取り締まり、
  • 酔っぱらいの取り締まり(泥酔客からお金を巻き上げる度訴訟を起こされることがある)
  • 税率を高くすることのトレードオフ:コンプの内容、プレー条件の悪化;再投資額低下;ディスカウント悪化

カジノ、IR関連

f:id:bnbnp:20170405201455j:image

IR = Integrated Resort

  • 日本でカジノ、カジノ関連業種が伸びるはず
  • 日本のパチンコの売り上げは20兆円以上
  • カジノは2.5兆円以上程度になると予想されてる
  • カジノオペレーター、建設、ホテル、不動産開発業会は機会を伺う
  • またカジノ慣れしている海外企業も日本にどう参入しようか機会を伺っている
  • 不安材料が2+1つ
  1. 第二のカジノ法案が今年通される予定だが安倍がそれを通す力がないかもしれない
  2. 高い税金(17%以上?)がかかる可能性が存在
  3. 外資の追い出し:政府が日本企業だけでやろうとすれば海外企業が入れない(これは私たち日本人には関係ない)

世界経済productivity低下

f:id:bnbnp:20170404194553j:image

今日のFinancial Timesより

まとめ:AIの活躍、自由化によるglobalizationに期待

  • リーマンショック以来productivityの成長が世界規模で低下している
  • 各国は第2の日本になりかねない
  • 経済が成長しないと政治不安、貧富の差拡大につながるので問題は今すぐ解決されるべき
  • リーマンショックが一番大きい低調の原因
  • AIにより改善されるかもしれない
  • 政府は改善するため教育とインフラに投資するべき
  • 政府は移民を受け入れ貿易の自由化をすすめるべき
  • 長期的に見れば移民の割合が1%増えればproductivityは3%増える
  • 長期的に見れば関税が1%減ればproductivityは2%増える

 

 

移民を受け入れず農作物に高い関税をかけた日本の低成長は自明だったのかもしれない(政策が失敗だったか、成功だったかは別にして成長率だけを見た場合)

トランプの影響で米経済もAI抜きでは長期的な成長はあまり期待できない