大事なことしか話さない

学んだことの備忘録 CFA/株/投資/証券アナリスト等

今後十年の大予想(世界編):Decade Forecast: 2015-2025; Stratfor Worldview

Decade Forecast: 2015-2025 - Stratfor Worldview

2015−2025年に起こると予想されていること

まとめのまとめ

  1. EU弱体化
  2. 中東、北アフリカで政治不安
  3. アメリカはやっぱり強い

 

①Overview編

  • EUはさらなる危機を迎える
  • 保護貿易主義が目立つようになる
  • 結果としてEUは消滅/弱体化、今までのような自由貿易なくなる
  • ドイツが力を失いポーランドが代わりに台頭する
  • ロシアも危機を迎える可能性あり
  • ロシアはエネルギーの輸出に頼っているので不安定になるのは避けられない
  • モスクワ(政府)の支配力が薄れロシアの分断もあり得る
  • ロシアの核兵器の使用が心配される
  • 北アフリカ、中東の政府の支配力が落ちる
  • (もともとこの政府はヨーロッパのバックアップのもと作られたもの)
  • 政府ー>武装集団に権力がシフト
  • よって内戦が増加する
  • アメリカの努力でどうにかなる話ではない
  • トルコの南の国境はさらに脆くなりイランとバトルになる

f:id:bnbnp:20170423235123p:plain

  • 中国は高成長低賃金ー>低成長独裁国家
  • 中国は世界経済の成長には前ほど貢献しなくなる
  • これから世界経済成長を引っ張るのはPost-China16の方々
  • Post-China16は東南アジア、東アフリカ、ラテンアメリカの諸国
  • 中国は軍隊を積極的に使うことはない
  • 日本は東アジアでの影響力を保つと予想される
  • 日本の影響力は地理的要因と輸出先としてのニードに起因する
  • アメリカは世界トップの経済、政治、軍事力を保ち続けるが前ほど他国に関わってこない
  • 孤立志向の原因は貿易赤字、高いエネルギー自給率、イラン等の苦い積極政治の経験による
  • 秩序の乱れ、change in the guard(誰が誰の面倒を見るか)がいろいろな地域で見られる
  • アメリカのポジションは揺るがないが力の使われ方がより消極的になる
  • 今存在しているものは私達が考えるより早く変わっていき、今経験している苦しみは辛く思えるがその苦しみは人間として存在していく上で当たり前の痛み
  • つまり未来を予想できると勘違いせず、現状にそこまで悲観的になるべきではないということ