大事なことしか話さない

学んだことの備忘録 CFA/株/投資/証券アナリスト等

今後十年の大予想(ヨーロッパ編):Decade Forecast: 2015-2025; Stratfor Worldview

https://www.stratfor.com/article/decade-forecast-2015-2025/europe

まとめのまとめ

  1. EUは今後も交易問題を解消できない
  2. EUの影が薄くなる
  3. EU全体の決め事<国同士の決め事
  4. ドイツ停滞
  5. ポーランド繁栄
  • ドイツのGDPの50%は輸出から成り立っている
  • つまり自国が消費する倍生産している
  • よって輸出が上手く行かないと大変なことになる
  • EUの規則はこの輸出を潤滑にしている
  • この潤滑さがEU各国を勝ち組と負け組に別けた
  • 勝(ドイツとかオーストリア)vs負(南ヨーロッパのギリシャとかイタリアとか)
  • EUの決め事は勝ち組にだけ有利なことがしばしばあった
  • EUはもはや一つでまとまっておらずUK,北欧,勝ち組,負け組の四つ巴状態
  • 結果として自国優先主義のナショナリズムの台頭、EUの分断が見られ、このトレンドは今後も続く
  • EUが決めたみんなの決め事から2国間での決め事が優先され始める
  • EUの存在感<国の存在感 となる
  • そもそも、ドイツは輸出に頼っているので不安定な経済
  • 他国が関税をかけ始めたらドイツは大ダメージ
  • 南ヨーロッパの弱小国は今後、特に農業で関税をかけ自国経済の建て直しを試みる
  • 人口問題もあるドイツ経済は今後十年下向きになる
  • 代わりに人口問題も少ないポーランドが繁栄する
  • ポーランドには対ロシアの役割も期待できる
  • 結果としてポーランドの経済的、政治的地位の向上
  • アメリカはポーランドと連携して対ロシア、ヨーロッパの安定の役割を果たす

f:id:bnbnp:20170424203219p:plain